血液をサラサラにする食べ物とは

健康を意識し始めた時、まず気になるのが血液の状態でしょう。俗に言う「ドロドロの血液」とは、どんな状態を指すのか、そして血液サラサラにするためには、どんな食べ物を摂取するべきでしょうか。
血液がドロドロの状態とは、血中の糖質や脂質が増加している、あるいは何らかの理由で成分が変化し、血行が滞っていることをさします。この状態で長く放置していると、動脈硬化の原因となったり、血管が詰まりやすくなるといわれており、血液の状態を良好に保つことが、健康の維持にとても重要だとされています。
日頃から揚げ物など油分の多い食事や、甘いものなどを頻繁に食べていたり、生活リズムが不規則になりがち、というタイプの方は、血液がドロドロになりやすいといわれています。また、喫煙習慣があったり、お酒を好む方、運動不足が続いている方なども、注意が必要でしょう。

 

血液を健康な状態に保つためには、バランスの良い食事と、規則正しい生活習慣、適度な運動などを心がけていく必要があります。とくに食事では、血液サラサラ効果がある食材を積極的に食べていきたいものです。
血液サラサラ効果が高いといわれているのが、DHAやEPAなどを多く含む、鯖やイワシなどの青魚です。魚の油分にはDHAとEPAがふんだんに含まれており、血液の粘性を減らし、正常な血流をサポートするといわれています。
DHAとEPAは、血液と血管の健康に良いとして知られている成分であり、サプリメントなども多数販売されています。日頃から積極的に青魚を食べ、不足を感じたら、適度にサプリメントで補っていく、というのも一つの手でしょう。

 

その他に血液の健康をサポートしてくれる食品として、豆腐などの大豆加工製品を挙げることができます。ビタミンBやミネラルなどが豊富な食材であり、血中のコレステロール値を下げる作用がある「大豆サポニン」も含まれています。また、納豆には「ナットウキナーゼ」という成分も含まれており、この成分には血栓を溶かす作用があるとして、注目を集めています。手軽に食べることができる、日本人にとって馴染み深い食品ですから、毎日積極的に食べておきたいものです。

 

この他にも、食物繊維が豊富な緑黄色野菜やきのこ類、乳酸菌が豊富なヨーグルトなども、血液の健康に良い食品だといわれています。野菜類や青魚、大豆製品など健康に良い食品をなるべく摂るようにして、健康な血液と血管を保ちましょう。

 

 

 

血液サラサラにするサプリ【おすすめランキング】トップページへ戻る