血液がドロドロになりやすい人の特徴

日本は長寿大国と言っても過言ではありません。女性と男性の平均寿命はともに世界の中でも上位で食い込んでいます。日本は衛生環境や食事環境も世界の中でも高水位準であるといえ、医療水準も高いことなどもその理由の一つとして挙げられます。高齢になってもいつまでも元気で過ごしたいと願う人は少なくありません。長寿大国の日本にとって、今注目を集め大きな課題ともいえることが、平均寿命にあわせて健康寿命をいかに延ばしていく、健康に過ごしながら寿命を全うできる生き方をすることともいえます。

 

健康寿命を延ばすためには、いわゆる生活習慣病の予防を行うことが大変重要になります。生活習慣病とは、食習慣や運動習慣機縁飲酒などの生活習慣がその発症や進行に関係する疾患と言われています。具体的な病名としてよく挙げられるものとしては、高血圧や糖尿病、脂質異常などがあります。生活習慣を意識する事で改善の可能性があるものも多く、健康寿命を延ばしていくためには、生活習慣病の予防は常に頭に意識をして日々の健康を維持するための努力をすることが大切です。

 

生活習慣病や様々な病気の原因になり得る事として、血液ドロドロの状態が挙げられます。実際に目で見て血液ドロドロの状態は意識できませんが、健康診断などの血液検査や軽い自覚症状などで検査を受けた時にこの「血液ドロドロ」と意志より注意を受ける人は少なくありません。では血液ドロドロとはどのような状態なのでしょうか。実際にドロドロの血液が血管の中を流れているわけではありませんが、赤血球が増えて多くなったり、硬くなる。血小板が固まりやすくなるなどの血液の質や量に異常が起こり、血液が流れにくくなっている状態のことを示します。日頃の生活習慣の不摂生などがこの血液ドロドロの状態を引き起こす場合があり、脳梗塞や心筋梗塞などの大病を引き起こす原因ともなる為注意が必要です。

 

血液ドロドロに成り易い人の特徴としては、野菜をあまり食べずに、肉料理や脂っこい揚げ物などの食べ物が好きで、過度の飲酒や長期的な喫煙習慣がある人、また、運動習慣が少なく、ストレスを感じることが多い人などが挙げられます。
血液ドロドロからサラサラにするサプリ